レインコートといえばゴアテックス

レインコートを買おうと調べてみたときに、ゴアテックスについて聞く方もいらっしゃるでしょう。
ゴアテックスというのは、素材の名前で、アウトドア用品における代表的な素材であるようです。
その特徴に挙げられるのは、大変高い水圧にも耐えられるという耐水圧の面が、その他の素材と比べると上位に入るくらい高いとされています。
これは大雨が降るなどの台風並みの強風であっても、水が中に染みることがないという意味です。
それから、汗による蒸れを外に出す性質がある透湿性に優れ、汗で蒸れたりせずに快適な状態を維持できます。
レインコートを着たまま汗をかいてしまうと、熱と湿気がこもりさらに汗をかくこともありますし、また温度が下がると体温を奪うこともあります。
長い時間かけて歩いたりするのであれば、このゴアテックス素材を使ったものが適しているのです。
ゴアテックス素材のレインコートやそれに類するものは、登山をする人たちからすると非常に注目度の高い素材になっているようです。
以前は、完全防水できても湿気を逃がす素材ではなく、汗をかくと内側が濡れた状態になり、体が冷え切ってしまうということも珍しくはなかったのです。
ゴアテックスは、命を守る素材とも考えることができますので、山登りのレインコートを探す時には基準となるものでしょう。
ゴアテックスでできたものは、他の素材のものより価格は上がりますが、ちゃんとした手入れを施すことでその先何年も愛用することが可能となります。
アウトドアで活用するときには、雨用というだけでなく、寒さから身を守るために役立たせるときもあります。
いざというときのことや色・形も考え、そこに素材のことも併せて考えながらチョイスしてください。

バイク乗りには欠かせないレインコート

バイクを運転される人は、いきなり雨が降ってきても平気なようにレインコートが必要になってくることでしょう。
近頃は、多様な素材や機能を備えたものが数多く出ていて、値段の幅も大きいため、どうやって決定したら良いのだろう判断に困る場合もあるでしょう。
バイクに乗る人のためのレインコートは、どんなものがあるのか、決める場合にはどこに着目するべきなのでしょうか。
レインコートがどのようなものでできているかというと、透湿防水素材と、PVC素材というものの2つが挙げられます。
防水透湿素材なら、水が染み込むことはなく体から出る湿度も外に向かって排出し湿度は快適に保たれ、PVC素材は丈夫で防水力も非常に高いものの、湿気がこもりやすいところが難点です。
よく言われているのが、ゴアテックス製のものは機能性が高く高額で、PVC素材の商品は比較的安い金額だとされています。
バイクを運転する場合の用途や頻度、機能的な部分や耐久性などにも注目して、自分の使い方に向いている素材を選びましょう。
裏側がメッシュ加工になっているものは透湿性が上がり、値段もリーズナブルですから、検討してみると良いでしょう。
それから、寸法については、ライディングジャケットの上から着ることになりますので、大きいほうが良いでしょう。
形を考えると、上下別になっているほうが動きが楽で、使い勝手が良いようです。
バイクだと、収納場所が小さいですから、小さく畳めるものを選ぶのもポイントです。
バイクに乗る場合のレインコートについては、運転を妨げないものを購入し、悪天候時に対応できるように備えましょう。